胸を大きくする方法とは?

トップページ
お気に入りに追加

バストケアしていますか?


9d463ff31eaf7c31fa846d32bd1c0729_s

女性にとって胸は象徴のようなものであり、とても大切なものとなっていますよね。大切なものであるだけに悩みも付きません。

胸が小さい、垂れてきてしまった、横に広がっているなどなどその悩みは本当に尽きることがありません。ちょっと胸の空いた服を着たくても胸に自信がないために躊躇してしまうということもありますよね。

でも、日々のちょっとしたバストケアできれいな胸を保つことはできるのです。

胸が小さいと悩んでいるような人でもバストケアを行うことでワンサイズ上の下着になることもありますし、何よりも小さ目の胸であっても形のよいハリの胸であれば十分に魅力のあるものとなります。

毎日必死になって行う必要もなくちょっとずつコツコツ行うことで美バストを目指すことができますからちょっと頑張ってみるのもよいのではないでしょうか。

どんなバストケアをしたらいいの?

バストケアの方法と言っても実はいろいろな方法があり人によっても行っている方法は違ってきます。どれが正しいということはないのですがまずは続けやすい方法であること自分で効果を実感することができるような方法であるということが大事ですね。

とはいっても効果を実感できるということは実はとっても難しいことで、現状を維持しているということにもなりますから、その辺は自分で納得できる方法と言うことになってくるでしょう。

ではバストケアは、どんなことをしたらよいのかということですが、胸はほとんどが脂肪でできていますから、どうしても垂れやすい状態になっています。それを支えてくれているのが筋肉です。大胸筋という筋肉ですが、これが衰えてしまうと胸が垂れてしまったり横に流れてしまったりと形の悪い胸となってしまいます。

しっかり筋肉を鍛えてあげるようにすれば土台がしっかりして胸を支えることができますから垂れてきたと悩むようなこともないでしょう。

大胸筋はちょっとしたことで鍛えることができます。例えば胸の前で超手の平を合わせて上下にゆっくり動かすといったエクソサイズでも効き目は十分にありますからお風呂上りに数分でも行うようにするとよいでしょう。

バストケアに欠かせないのが肩こり解消!

バストケアを行う際に実はとっても大事なことになってくるのが肩こりの解消です。肩こりとバストになんの関係があるのかという人は多いと思いますが、肩こりを解消するって実はとっても重要なことなんです。

というのも胸が垂れてしまったりする原因となってくるのは年齢はもちろんですが姿勢やダイエットなどがあり、実は20代からすでに始まってきているんですね。

もちろん20代で明らかにバストが垂れてきたと感じるようなことは少ないのでしょうが、ハリがなくなってきているということがあります。

近年ではスマホやパソコンなど同じ姿勢でいることも多いことから肩こりに悩まされている人はとても多く肩こりということは肩甲骨が固くなってしまい自然と姿勢の悪い状態を作り出してしまいます。

試しにちょっと前かがみになってみるとわかりますが姿勢が悪いと胸は下に垂れたような状態になり、常にその状態となってしまうのです。

肩こりをしっかり解消してあげることで肩甲骨を柔らかくすると姿勢をよくすることができバストケアをより効果的に行うことができます。


a10bcddfbfeaa14b6f85bc0e43909a73_s

肩こりを解消するために!

バストケアの一つとして肩こりの解消がありますが、正直、これは肩こりに悩む人はかなり多くなっていますからだれでもやってほしい方法でもあります。

パソコンの仕事などで長い時間同じ姿勢でいたりいた時には特に行ってほしいのが肩を動かしてほぐしてあげることです。

肩に手の指さきを軽くのせて大きく円を描くようにして腕をまわします。出来るだけ大きく円を描くようにするとより効果的でしょう。

疲れるほど行う必要はありませんからちょっと一息つきたいときなどに10回程度を目標に同じ向きだけでなく反対方向からも回すようにするとスッと肩が軽くなるのがわかると思います。

一度肩こりで硬くなってしまうとほぐすことは骨の折れることですから肩こりになる前に行うようにすることも大事ですし、毎日コツコツをほぐしてあげるということも大事です。